報道によりますと、全日空がマイレージ制度を大幅見直しをするとのことです。

ANAのHPによると・・・

●2013年1月1日~

1.プレミアムメンバー資格の到達基準を改定します  

(1) アジア路線(台湾・ソウルを含む)のプレミアムポイント倍率を1.5倍にアップします。

従来よりも一層プレミアムポイントが獲得しやすくなりますので、この秋に就航した成田=ヤンゴン線、成田=デリー線をはじめ、ますます充実するANAのアジアネットワークをこの機会に是非ご利用ください。

(2) プラチナサービス、ブロンズサービスへの到達基準に、新たにANAグループ便ご利用分のポイント数を反映します。到達基準のポイント数は従来通りで変更ありませんが、新たにそれぞれの到達基準の半分以上をANAグループ利用便によるポイントとする条件を設定いたします。

※ ブロンズサービスにおいて、ANAゴールドカード・ANAカードプレミアムを保有している方については、従来通りの基準(30,000プレミアムポイント以上)といたします。

●2013年4月1日ご搭乗分~

2.ANAグループ運航便国際線フライトマイルの積算率を変更します お座席クラスを基本とした従来の積算率を見直し、ご購入時の各種条件(予約クラス)を加味した、より弾力性のある積算率に変更いたします。例えば、ビジネスクラスの積算率は、これまで一律125%でしたが、2013年4月1日搭乗分からは各種条件に(予約クラス)に準じて、普通運賃は150%、ビジ割運賃は125%、パッケージツアー用運賃は70%となり、ビジネスシーンにおけるマイルポイントが、ますます貯まりやすくなります。

※ANAグループ運航便にご搭乗の全てのお客様が対象となります。

●2014年4月1日~

3.搭乗ボーナスマイルのスキームを見直します プレミアムメンバーとして永くお付き合いいただけるお客様や、ANAゴールドカード・ANAカードプレミアムを保有しているお客様が、より多くのボーナスマイルを獲得いただけるよう積算率を見直します。

各ステイタスとも、初年度と2年目(連続)以降の積算率に差を設けるとともに、ANAゴールドカード・ANAプレミアムカードをお持ちの方については、積算率を5%アップします。

4.ANAアップグレードポイントサービスを改定します 2014年4月1日より、アップグレードポイントの付与条件をANAグループ運航便のご利用実績に応じて付与する新しい基準に改定いたします。

今回の改定では、日頃よりANA便をよくご利用くださるお客様がよりポイントを貯めていただきやすい基準となります。本邦航空会社のマイレージプログラムでは唯一となるアップグレードポイントサービスを、この機会にぜひご活用ください。

【アップグレードポイントの付与基準の変更(概要)】

◆ダイヤモンド : ANA便利用実績 4万PP以上 ⇒ 20~100UGPを付与

*(従来基準) スターアライアンス便を含む利用実績 10万PP以上 = 40UGP以上付与

◆プラチナ : ANA便利用実績 2万~12万PP未満 ⇒ 8~40UGPを付与

*(従来基準) スターアライアンス便を含む利用実績 5万~15万PP以上 = 20~40UGP付与

◆ブロンズ : ANA便利用実績 1~8万PP未満 ⇒ 4~20UGPを付与

*(従来基準) スターアライアンス便を含む利用実績 3~5万PP未満 = 10~12UGP付与

◆スーパーフライヤーズ : ANA便利用実績 1~3万PP未満 ⇒ 4~8UGP付与

*(従来基準) スターアライアンス便を含む利用実績 1万~3万PP未満 = 6~8UGP付与

         スターアライアンス便を含む利用実績 1万~3万PP未満 = 6~8UGP付与

※PP : 獲得プレミアムポイント 、 UGP : 付与されるアップグレードポイント

※上記アップグレードポイント付与基準の改定とあわせて、国際線アップグレードの必要ポイント数も変更しています。

まあ改良されて貯まりやすくなるかもしれませんが、ユーザーとしては使いやすくなることを望んでいるんですけどね。

ANAマイルが貯まりやすくなるのは空の話のようなので、陸マイラーのわたしたちは引き続きハピタス+PEX+ソラチカカードでマイルをガンガン稼いでください

ハピタスに登録は済みましたか?まだの方はどうぞ